×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メインコンテンツ

アンダーカバー リュックのその他の情報

Question:

ニードフォースピード(NFS)のシリーズで、アンダーカバーとモスト・ウォンテッドでは、どちらが改造の幅が広いですか?また、それぞれの良い所と悪い所があったら教えてください!よろしくお願いします。

ちなみに、PCでやろうと思っています。

Answer:

改造の幅でしたらアンダーカバーのほうが相当上ですよ
なぜならアンダーカバーはオートスカルプ機能というシステムを搭載されていてボディキットのダクトの大きさやスポイラーの大きさなどが自由に変えれます。さらにビジュアル改造もアンダーカバーのほうが上ですよ。
追記
ちゃんと読んでいませんでした・・・・すいません
アンダーカバーの良い点
・NFSシリーズの中では一番登場車種が多い
・オートスカルプ機能(上記)を搭載
・爽快感がすごい
・バイナルをものすごく細かく作れるようになっている
・ダメージ表現がかなりリアル(バンパーが外れたり、ボディがへこむ等)
・マップがNFSシリーズの中では一番広い
・一般車までバンパーなどが取れるなどのダメージを受ける
アンダーカバーの悪い点
・カーチェイスがすごく簡略化された
・街が広い割に一般車が少なすぎ
・オンライン対戦時のラグがかなり酷い
・デカールを張るのが面倒になった
・ボディ改造に取り付けれるパーツが少なくなった(ルーフなど)
・バトルの種類が少なくなった
・シナリオが短い
モストウォンテッドの良い点
・カーチェイスが面白い
・車にクラス区分が無くて、どの車も最終的にはかなり速い
・チャレンジシリーズがあり、そのミッションもかなり豊富
・シナリオ終了後もバトルの資金稼ぎが簡単
・バトルの種類が結構多い
・チューニングパーツはほとんど公式チューニングパーツ(HKSやAPEX等)
・天候の移り変わりがある(雨など)
モストウォンテッドの悪い点
・ボディ改造とビジュアル改造がかなり簡略化されている
・日本車が結構少ない
・やはり一般車が少ない
・スピード感がアンダーカバー等に比べると結構差がある
・フリーズすることがかなり多い
・自車のダメージ表現は塗装がはげる程度
こんな感じですね。僕的には爽快感のあるアンダーカバーのほうが良かったです。またマップが広くてドライブによかったです。

長文失礼いたしました


 

関連商品