×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メインコンテンツ

イプダのその他の情報

Question:

ブランド品で並行輸入品って良く聞くのですが、どういう意味ですか?

本物と何か違うのでしょうか?

Answer:

並行輸入という言葉を耳にした方は多いでしょう。
並行輸入販売とは、ブランドメ−カ−と販売契約していない業者が海外市場で直接そのメ−カ−の商品を買い付け自国に輸入販売することを言います。
通常の場合、メ−カ−が契約し販売許諾している正規代理店での販売価格より安い価格で販売され、だからこそ平行輸入業者が存在しうることになります。
このため、メ−カ−、正規代理店は並行輸入業者に対して強く反発します。一方、消費者は並行輸入品といえども、そのメ−カ−の作ったものであり品質が同等であるならば安い商品のほうがよいため安い業者から購入したいはずです。
したがって、平行輸入が一概に悪いということにもなりません。
平行輸入を全く見とめないとするならば、メ−カ−は独占的価格によって商品を供給するため、消費者は大きな代償を支払うことになるからです。


Q1: ブランド品の並行輸入ってよく聞くけど何のことですか?値段もいろいろ違うし、たまに日本未発売なんていうものもありますが、商品は基本的にブランドの直営店で売っているものと同じものですか?


A:日本の消費者の手に商品が渡るまでの流通ルートは、二通りのルートが存在しています。まず、一般に「代理店ルート」といわれるもので、海外ブランドと日本でブランド商品を扱う権利を持った正規代理店等の間を商品が流通するルート。要するに直営ブティックで売られているような商品です。もう一つは、それに「並行」して代理店ルートを介さない「並行輸入」ルート。つまり、ブランドの商標に関して使用の許可がない人たちが、独自で海外のショップなどから買い付けて輸入する行為のことです。(より厳密な説明は「並行輸入とはなんだろうか?」を参照)



・・・・どうぞ。
http://www.u-ks.jp/soumu/soumu_009.html
http://www.udf-jp.org/heikoyunuqanda.html


 

関連商品