×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メインコンテンツ

イーハイフンワールドギャラリーのその他の情報

Question:

ブランド品を持つのってどうなんでしょうか?
主人の母親は、よく海外旅行に行ってはブランド品を買ってきては私にくれたり、見せてくれたりします。

その影響もあるのか、私もブランド品を持たないと行けないような・・・
劣等感にかられています。
主人もブランド品の時計をしていますし・・・私なんか全然・・・。
時に話についていけないので悩んでいます。。。

Answer:

貴女の感覚は本当は正しいです。
まぁ大半の日本人が 間違った感覚を持っているので、悩むのは仕方が無い事なのですが。。。
(実は、私は売ってる方なのですが・・・)

最近は、高校生からヴィトンを持っていて当たり前と言う感じになってきました。
もちろん、チョット見で偽者と判る 粗悪品を持っているケースも多いですが・・・

現在は、ブランド品を持つ事で、【優越感や安心感】を得る事が目的みたいになって。
逆に、ブランド品を持っていないと【劣等感や不安感】に苛まれている。『ブランド依存症』の人が多いみたいです。
回りが、そうであるなら余計に思いが強く、「偽者でもイイから欲しい。」と言う人もいます。

最近、売っていて思うのですが・・・
少し頭が悪い人 自分に自信が無い人 性格がよじれている人 に『ブランド依存症』の人が多いのかと思います。
それは、若い人も年配者も 同じです。 貴女の家族の事を言っている訳ではありません。 ^^;

自分に自信が無いので、誰もが知る高額なモノを所有したがり、それを見せる事により、【優越感や安心感】を得ているのです。

少し、オカシイと思いませんか?
その人の価値は、人柄や情熱や努力・信念などで 判断されるべきもの。長い付き合いで、少しずつ理解されるべきもの なのに・・・
初対面の人とか、ましてや友人・知人・家族に 持っているブランド品だけで【優越感や劣等感】を持つのは・・・
キャバ嬢が、お客さんの金払いを 詮索している訳では無いのですから。


貴女のその感覚を、失わないで下さい。 ^^


 

関連商品